美のホルモン エストロゲンはスプーン一杯分

みなさんは、女性ホルモンについて

どの位ご存じでしょうか。

 

妊娠するために必要不可欠で、

月経のサイクルを司っていますが、
その他にも体や心に多くの影響を与えています。

 

 

女性ホルモンには、

エストロゲン(卵胞ホルモン)と

プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つがあり、

 

脳からの「出してください♪」という

指示を受けてはじめて、卵巣内で分泌されます。



そのうちエストロゲンは『美のホルモン』ともいわれ

 

・新陳代謝を促す

・肌や髪の毛のハリツヤを出す

骨の生まれ変わりや血管を丈夫にする

・内蔵脂肪をつきにくくする

記憶力UPを助けてくれる


などの力があります。

逆に言えば、

私達が「老化」現象と言っている事に広く関わっているということですね!


30代から徐々に減り始め、
50歳の閉経に向け40代に右肩下がりになるこのエストロゲンは
 
プロゲステロンとの繊細なバランスで
私たちの健康を保ってくれています。
 
「エストロゲンは多ければ多いほど嬉しい!」
と思われるかもですが、
 
「エストロゲンが足りないなら補えばいい」という訳でもなく・・・
 
 
そもそも力があるはずの人が
外から取りすぎると
 
「足りてるから出さなくていいわねー」と脳が誤解し、
 
体内での分泌をセーブしてしまう
負のサイクルが起きる可能性もあるからです。
エストロゲンが増えすぎると、乳がんなどのリスクも発生します。


エストロゲンの量はみんな平等、『生涯でティースプーン一杯』と決まっています。
 
せっかくですから、出し切って生涯を過ごしたいですよね♡
 
そのためには
 
・質のいい睡眠(なるべく12時までには)
・バランスのいい食事
・適度に運動して筋力をつけ、冷えを防ぐ
 
そして
 
・休息の時間をきちんととる
・ストレスを溜めない
基本ですが、忙しいとどうしても後回しになってしまう辺りでもあります。
 
若い頃からずっと生理が辛い…
生理のサイクルがバラバラ…という方は、
 
まずは日頃の生活を意識し、
 
エストロゲンやプロゲステロンが
働きやすい環境を作ってあげてくださいね☆
 
次回は栄養についてご案内していきます^^